格安レンタカーで北海道の小樽をめぐろう!

北海道には飛行機で行くといった人も多いことでしょう。北海道の飛行場と言えば千歳空港がメインです。多くの人は千歳空港へ向かうかと思います。千歳空港からは札幌周辺などが近く、観光にも便利です。ツアーも多数あるので、日帰りツアーに参加してみるのも良いかと思います。

札幌は何度か行ったことがあるといった人は小樽を目指してみるといいでしょう。小樽は見所が多くおすすめスポットも多彩です。小樽に行ったら絶対に外せないのが「小樽運河」です。ここは抑えておきたいスポットです。

gazou-90

小樽を観光するならレンタカー利用がおすすめとなっています。北海道は格安レンタカーが多く、乗り捨て可の場合もけっこうあります。北海道のレンタカーは格安レンタカーの競争が激しいので乗り捨てなどサービスを充実させている例が多数あるのです。小樽運河はライトアップもありますし綺麗な景色に見とれること間違いなしです。

小樽は明治から栄える都市であり、旅人も多く立ち寄るスポットです。レンタカーの利用だと札幌からもさらにアクセスしやすくなります。電車利用でも札幌から30分ほどです。気軽にアクセスできる札幌周辺の都市となっています。

小樽は石造り倉庫についても有名です。写真で見たことがあるといった人も多いことでしょう。この周辺は倉庫が並んでおり、ライトアップも華やかとなっています。倉庫は重厚なつくりで歴史を感じされます。レンタカーで周るには昼もいいですし、夜はまたデートスポットにも良いでしょう。こんな綺麗な場所でプロポーズされたら、断る人はいないのではないでしょうか。

ここの散策路には63基のガス灯が設置されています。こちらの灯りもまた情緒があり、とても綺麗です。運河から見える景色は生涯忘れられない景色になることでしょう。小樽だから味わうことができる景色が満載です。
また時間に余裕があれば小樽運河クルーズにもチャレンジしてみるといいでしょう。小樽ならではの絶景スポットが満載です。小樽の運河から見た景色もまた印象深いものがあります。

出発すると浅草橋が見えてきます。航路ではそこまですすみます。その後逆方向へ行きます。クルージングではただ単に運転するだけではなく船長がガイドをしてくれます。これも観光の楽しみの1つです。小樽は建造物も見事なものがあります。観光をさらに楽しむためにも建造物の歴史等を調べてみましょう。
小樽クルーズは冬場運休していることも多いので、必ず確認してから小樽入りされることをおすすめします。みなさんにとって良い小樽クルーズになるとよいですね。

レンタカーで周る小樽のおすすめ旅行

北海道入りを心から楽しみにされている方も多いことでしょう。北海道の中でも札幌は最大の都市であり、飛行機も多く就航しています。最近では千歳空港にLCCの姿もよく見かけます。LCCは航空券代が安く、関東から片道5千円程度で札幌入りできるときもあります。
こうした影響から札幌はリピーターといった人も多いことでしょう。そうした人は小樽旅行を計画されてはどうでしょうか。札幌から小樽への移動はレンタカーが便利です。千歳空港でレンタカーを借りましょう。

札幌は格安レンタカーの激戦区でもあり、安くてサービス内容がすばらしいレンタカーも多数あります。こんな価格でいいのか?と思うほど格安レンタカーも充実しており、旅行者にとってうれしい内容が盛りだくさんです。
格安レンタカーでも乗り捨てがOKなものもけっこうあることから、アクセスについても検討しつつ考えてみるといいでしょう。乗り捨て可のもので交通の便がさらに良くなります。

ところで小樽ですが小樽運河については絶対に立ち寄ってほしいスポットの1つです。小樽運河を散策する機会も設定しましょう。小樽運河付近では観光案内所やレストラン、お土産屋などが点在しています。倉庫群の中にあるのでわかりやすいかと思います。特に立ち寄ってほしいのが「小樽運河食堂」です。こちらはラーメンや寿司、ビアホール、スープカレーなど北海道を満喫できる店舗が多数入っています。北海道のグルメを満喫したい人にもおすすめのスポットです。
この周辺では人力車で観光することもできます。人力車についても利用を検討してみるといいでしょう。乗り場ですが、浅草橋となっています。浅草橋では常時運転手の人が待機していて、客待ちしています。

また小樽は冬もおすすめです。札幌や小樽など冬もまた綺麗に彩られています。小樽は冬の風物詩とも言える、「小樽ゆき物語」もおすすめです。ここはロマンティックな雰囲気が満載でぜひとも立ち寄りたいスポットの1つです。
これは何かというと小樽に冬に開催されるイベントの1つで、舞い降りる雪の中、燈火が用意されています。好きな人とここを歩くのも良いでしょう。夕暮れ後に燈火がつけられます。

見所あふれるスポットですが、小樽運河のライトアップもまた素晴らしいものがあります。「青の運河」と呼ばれており、青とのマッチもまた格別です。オレンジ色に輝くガス灯も注目したいところです。
小樽はこのように情緒あふれるスポットが多数あり、1日ではものたりないといった声が多く聞かれます。この機会にぜひ小樽入りを検討してみてください。

初めての人でも安心!小樽に行ってみよう

北海道入りの際はまずは札幌の千歳空港に到着するといった人も多いことでしょう。そこから気ままに北海道を散策したいといった人はレンタカー利用がおすすめです。札幌周辺には格安レンタカー屋も多く、安価で良い内容のレンタカーも豊富にあります。できれば格安レンタカーを利用したいといった人も多いことでしょう。安いほどありがたいというのもよくわかります。

また最近はレンタカーの乗り捨てについてもOKとなっている店舗が増えています。スケジュールの関係上、乗り捨てのほうが都合が良い人は乗り捨てについてもOKかどうか?確認してみるといいでしょう。

札幌観光のついでも兼ねてぜひ立ち寄ってほしいのが小樽です。特に冬は小樽はイベントが多数あります。
小樽は冬の風物詩という言葉にピッタリな街であります。「小樽雪あかりの路」はぜひとも通りたい道です。

ここは毎年2月中旬の10日間の開催となっています。時間帯は17時から21時までです。小樽で1泊するのも良いかと思います。この時期は小樽は大変にぎやかで市内の至る場所でお祭りが開催されています。1日は小樽で過ごしたいところです。可能であれば1泊2日が良いかと思います。
小樽市内でも冬の景色を楽しみつつ、明かりが灯されています。

特に雪あかりの路はスノーキャンドルや雪のオブジェなどが多数あります。こちらについても見たいところです。大人から子供までワクワク楽しめるスポットが満載となっています。
小樽と言えば小樽運河や旧国鉄手宮線など見所がたくさんあり、これらは会場として設置されています。北海道観光とあわせて楽しみたいスポットです。
小樽観光で情報を集めるには「運河プラザ」に立ち寄るといいでしょう。ここでさまざまな情報を集めることができます。運河プラザは旧小樽倉庫を改造した建物となっています。観光についても休憩所やお土産屋、喫茶店などがあり、多彩なスポットです。小樽はもちろん後志(しりべし)についても観光案内をしているので、そちらもチェックしてみるといいでしょう。

お土産をここでまとめて買うのも良いでしょう。お酒や地元の名産品などがずらりと揃っているので、買い物にも便利です。
また疲れたときに一休みするのも良いかと思います。観光はけっこう疲れも出ます。体力勝負なので休憩を入れつつ、活用したいスポットです。
小樽旅行はレンタカー移動が良いかと思います。小樽は見所が多数あるので、1日は時間を設けておきたいところです。

小樽は情緒ある街

札幌に行くの予定のある方は小樽入りも検討してみてはどうでしょうか?小樽は札幌から電車で30分と大変近く、アクセスも便利です。また札幌からレンタカーを借りている人も気軽に足を運ぶことができます。北海道は格安レンタカーが多いことから、レンタカーの利用もおすすめです。格安レンタカーの中でも乗り捨てがOKなものなどもあります。乗り捨てがOKだと広い北海道も移動がしやすいことでしょう。格安レンタカーの内容についても見てみるといいでしょう。

小樽については多数の見所がありますが、ここはぜひ行ってほしいというのが「北のウォール街」です。ここのライトアップは素晴らしく、見ごたえがあります。レトロな建物が好きといった人にもおすすめです。ライトアップも見事で建築物めぐりをしたい人にはうれしい観光スポットかと思います。
ここは以前旧三菱銀行小樽支店でした。その後小樽運河ターミナルとなり、今では人気の観光スポットとなっています。ここの周辺となる北ウォール街は大正時代に施工されたものです。

こんなに前の建物が残っているなんて!と驚かれる方もいることでしょう。この建物は当時の繁栄を物語る建物でもあります。
北海道は気候が厳しいことで知られていますが、にしん漁が盛んだったり、なんらかで成果を挙げ財を成した人も多い街です。現在はバスターミナルとなっており、名物菓子店として有名です。観光名所を作り上げるのも上手な都市だと感じます。

レンタカーで小樽を周るのももちろん良いですが、バスについてもおすすめです。「おたる散策バス」は小樽の観光にとても便利で、小樽の観光スポット全部といってもいいほどの点在場所に停車します。また銀行の金庫室がホテルになっている「ホテルヴィブラントオタル」についてもおすすめです。
ホテルヴィブラントオタルは小樽の繁栄にも欠かせないスポットであり、北のウォール街のシンボル的な存在でもあります。

小樽駅からも近くこのあたりは徒歩で散策が可能です。小樽駅からは10分ほどとなります。建物は高級感がある洋館となっており、ウォール街としても有名です。このあたりは大企業や主要の銀行などが多数出ていました。全盛期にはニューヨークのウォール街のようだなんてことも言われていたほどです。
小樽など交易が盛んな地は海外からの文化も入っており、普段見る景色とは違った建物を見ることもできます。

札幌から気軽に行ける小樽

小樽は札幌市から近く、観光スポットとしても人気が高いところです。札幌に何度か行ったことがあるものの小樽まではなかなか行く機会がないといった人もこの機会に小樽入りを計画されてはどうでしょうか?小樽への移動はレンタカーもおすすめです。北海道は格安レンタカーが多数あるので、そちらを利用すると良いでしょう。また乗り捨てについても融通が利くプランも多数あります。格安レンタカーの中でも乗り捨てについても確認してみることをおすすめします。
小樽と言えば雰囲気と街並みからしぶいイメージを持っている人も多いことでしょう。

昭和を感じるといった声も多く聞かれます。確かにしぶいイメージはありますが、夜はライトアップされており街も華やかです。
小樽運河の周辺にはモダンな建物が多数あります。このあたりは明治・大正と大変栄えた場所です。
旧日本銀行の隣には「小樽市立文学館」があります。こちらは文学者や詩人など小樽にゆかりがある小林多喜二や伊藤整、小熊秀雄といった有名人らの資料が保管されています。また作家についても解説したパネルが設置されており、より深く知ることが可能となっています。こうした心温まるスペースもまた素晴らしいものがあります。

和を象徴するスペースとしても注目を集めています。
また「手宮線跡」についてもおすすめです。こちらは北海道の鉄道遺産とも言われています。
なぜこのような呼び名がついたのか?そちらについても気になるところです。手宮線跡は北海道の白立て本線の中の線路の1つでした。現在は廃線されています。地方ではよくあることですが、車の普及と共に電車を利用する人は少なくなり、廃線になるケースも多々あります。

小樽駅から歩いて10分ほどで手宮線跡となります。気軽に散策できるスポットの1つです。線路が残っていますが、これほどしっかりした形で残されているのは全国でもまれなことです。

手宮線跡を歩くと新たな発見があるかもしれません。まずは小樽美術館まで歩いてみましょう。ここの駅舎は「色内(いろない)駅」があります。ここは2011年に復元され、現在は休憩所となっています。ちょっと休憩してみるのも良いでしょう。
当時の乗客はここにいて電車を待っていたんだなと考え深い気分になることでしょう。このあたりは古い建物が多数ならんでいます。情緒や風情にあふれており、電車好きだけではなくレトロなものが好きといった人にもおすすめです。